原因で分けて考える復縁のタイミング

原因で分けて考える復縁のタイミング

原因で分別できる復縁のタイミング

一度別れた彼とどうせ復縁するなら、前よりもいい関係にならないと意味がありませんよね。

 

まず、自分から別れをきりだしたのなら、自分の気持ちがまたもりあがればいいだけですが、その場合にも相手がどのように現在思っているかも重要なカギになってきます。

 

逆に、自分が別れようと言われてしまった側の場合、これは相手にまた自分を好きになってもらわないといけないのでハードルが高いですね。
それ相応の努力を伴います。
さて、そんな別れ方のケースごとに復縁のベストタイミングを考えてみましょう。

 

 

まず、別れは自分からタイプ

連絡などをとっていない場合が多いでしょう。
まずは、連絡をとるところからです。
メールが無難でしょう。
いきなり電話はきまずいからですね、相手も。
最近ではフェイスブックで再会というのも多いですので、登録していない人は登録して元カレを探してみましょう。

 

そして、あいさつや日常のようすにさぐりをいれましょう。
相手にもう彼女ができていたら、ひいたほうがいいですね。
逆にまだフリーだったら、ねらい目かもしれません。

 

別れはケンカの勢いで

みなさんにも経験あるのではないでしょうか。
自分がいなくなって、相手がどれだけ困るか試してみたいと。
そして、試してみた結果淋しくかんじたら復縁を考えてもよいのではないでしょうか。

 

ただし、相手のこともよく観察してください。
もあしかしたら、けんかをして別れるように相手が仕向けたのかもしれません。

 

もし、ケンカを後悔しているようなら、別のことに意識を向けて少し頭を冷ましたほうがいいですね。

 

そのほうがよく相手を観察できます。
ケンカの勢いで別れてしまう場合、復縁できる可能性もありますが、相手にもともと気がないのを感じてこちらが切れてしまったような場合には諦めたほうがいい場合が多いようです。

 

とりあえずは、ケンカの怒りがおさまるのを待ちましょう。
それからです。

 

 

相手よりも大事なものができたとき

人間にかぎらず、たとえば勉強だとか。
受験生に多いかもしれません。
彼と付き合っていることよりも、受験勉強が大事になってしまったとか。
それで、彼への気持ちが軽くなってしまって別れてしまった。

 

後に振り返ってそう思うのなら、そして後悔しているなら素直に気持ちを伝えましょう。

 

当時は相手に冷たくしてしまっていたことでしょうから、復縁をめざすなら沢山思いをこめて優しくしてあげましょう。

 

ただ、それで別れてしまうような関係ならそれだけの愛しかなかったのだと、そう思うことも大事かもしれません。

 

また何かあったときに別れがくるケースも少なくありません。
大事なことと、付き合うことをろう両立していくか、それを計画的に考えるべきでしょう。

 

結婚、までは考えられない。

 

で別れてしまう方もたくさんいます。

 

結婚は本人同士が好きだけでできるものではありません。

 

互いの家庭や経済、仕事など、難しいものです。
そこでこじれて別れてしまうという方も少なくありません。
そこから復縁するには、その原因を解決するしかありません。

 

問題を抱えたまま復縁するならば、それ相応の覚悟がいるでしょう。

 

 

別れをきりだされてしまった場合

フラれたとき、理由をきいたでしょうか。
でも、その理由が本音とは限りません。
思いやりのある人でもない人でも、少なからず相手を傷つけないようにと気をつかうものです。

 

なので、原因は自分で考えたほうがいいでしょう。
ここで注意が必要なのは、都合のいいオンナ、に成り下がらないことです。

 

相手がいい人ならいいですが、こちらの好きという気持ちを利用してキープしようとする男だっているのです。

 

冷静になりましょう。
それでも元にもどりたいなら、素直に気持ちを伝えて、よくよく話あうことが大切です。

 

それでもだめなら、潔く諦めたほうがあなたの幸せに繋がります。
別れは新たな出会いの始まりです。

復縁体験談


ホーム