適度な距離を保ちつつ復縁アプローチをかける方法

適度な距離を保ちつつ復縁アプローチをかける方法

適度な距離を保ちつつ復縁アプローチをかける方法

どちらか片方だけが「復縁したい」と思っている場合、必ずといっていいほど問題になるのが「せまりすぎてしまう」ということです。
なにしろ1度は恋人同士だったわけですから、自分としてはちょっとしたアプローチのつもりでも、普通よりははるかに距離が近くなってしまっていることが多いのです。
自覚のないままストーカー状態になってしまうケースも人ごとではありません。
復縁するにあたっては「つかず離れず」の距離を保つ、ということがとても大事ですが、この距離感をキープするのは、あなたが思っている以上に大変です。
ここでは、彼にさりげないアプローチをかけつつも、しつこくならない絶妙な距離感を保つポイントをまとめてみました。

 

 

顔をあわせるのは2週間に1度

復縁を考えているなら、同じ場所にいあわせる機会をつくることは必須です。
ところがこの頻度を間違えてしまうと逆効果に。
気持ち的には、3日に1度、せめて週1、と思うかもしれませんが、相手からはっきりとしたアプローチ返しがあるまでは、2週間に1度を目安に機会をつくってみましょう。
彼のよくいくランチのお店やバー、最寄り駅のカフェなどで機会をつくるときには、待ち伏せ感がないようにすることも重要。
最悪彼があなたに気づかなくても、ぐっとスルーするくらいの気持ちでいましょう。
次の機会に、みつけてもらいやすい場所に座るなどすればいいのです。
とにかく「追いかけすぎない」「追いかけていることに気づかれない」のが復縁の鉄則です。

 

 

着信やうっかりメール送信は「使いよう」

スマートフォンにしたばかりの友人から、間違い着信や空メールが送られてくることってよくありませんか?
これを利用して、距離を保ちながら、彼にあなたを思い出してもらうこともできます。
ただしこの方法単独では、1度使ったら2週間どころか、3ヶ月以上は使えないと思っていたほうがいいです。
そして、空メールや着信をしても彼から何のアプローチもなかった、という場合は、他の方法も1ヶ月は控えます。
その間に彼に好きなひとが出来てしまったら、と心配かもしれませんが、焦っても結果は同じか、それよりも悪くなってしまうだけです。
少しでも成功確率の高い選択をしていきましょう。
もちろん、彼から「電話した?」などとリプライがきたら、「ごめん、間違えちゃった。元気?」など当たり障りのないやりとりから、縁をつくりなおしていきましょう。
いかがでしたか?
続けて使うとひかれてしまいそうな技でも、うまく距離感をとって使えば有効な手段にかわります。
彼から反応があるまでは「つかず離れず」、どちらかといえば「離れ気味」、を合い言葉にがんばってみてください。

復縁体験談


ホーム