復縁したい元彼に友達だと割り切られてしまいそうな場合

復縁したい元彼に友達だと割り切られてしまいそうな場合

復縁したい元彼に友達だと割り切られてしまいそうな場合

復縁する場合、自分の未練を伝えてはいけないとよく言われています。
しかし、未練を伝えないでいたら、元彼には友達だと割り切られてしまうのではないか、と心配する方も多いでしょう。
今回はその不安について解消していきましょう。

 

まず、男性は「友達」という言葉に縛られることは少ないようです。
現在のお互いの関係がどういうものなのかという意味で「友達」という言葉を使っているわけではないということです。
「別れはするけれど、縁は切らないよ」という意味合いで「友達」だと言っているわけです。

 

さて、未練を見せないでいたら、元彼が自分を異性として見てくれなくなってしまうのではないかということです。
ここでは、元彼がこちらの未練を好ましく思ってくれるかどうかが問題になります。
こちらの恋愛感情が疎ましくなって別れることになったすれば、未練を見せることは復縁には逆効果になります。
元彼の側に未練が全くなさそうに見える場合も、こちらの未練は相手から距離を置かれる原因となるでしょう。
この場合、こちらに未練はないので、相手も距離を置く必要がないのだと思ってもらった方が、スタートラインをマイナスからゼロに戻せます。

 

逆に、別れてしまったあとも、元彼からモーションと思われる動きがあるならば、相手にも未練があると思っても良いでしょう。
それならば、こちらの未練を見せておくのも良いかと思われます。

 

 

異性と見られることと、好意を伝えることの違い

相手の中に多少の好意があるならば、こちらも好意を伝えても問題はありません。
ですが、復縁をする場合は、相手にこちらに対し興味や関心を持ってもらい、最終的には「好きだから誰にも渡したくない」と思ってもらわなければなりません。
それにはどうすれば良いかといえば、それは自分が「変化」することです。
相手が驚くような魅力的な変化をすれば、相手はこちらに興味をいだいてくれるはずです。
それには、少し冷却期間を置くのも効果的です。

 

 

未練の気持ちや好意はどこまで伝えても大丈夫か

未練を見せるのはNGだとよく言われていますが、これは正確に言うと「未練を見せることによって、相手にとって重くなる」ことがダメなのです。
相手のことを褒めたり、一緒にいたいとほのめかしたり(実際には直ぐ離れる)、相手が好きだと伝えつつそのために自分を磨いているのだということも伝えたり、 というように重くならないような好意の伝え方は様々にあります。
また、相手が見せてくる程度の好意ならば返しても大丈夫でしょう。
自分と元彼に合ったタイミングで、未練を伝えるようにしてください。

復縁体験談


ホーム